いまさらまとめ

ひえひえだじぇ

  • RSS

無駄知識

引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526715756/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/19(土)16:42:36 ID:j1l
日英同盟とか日露戦争でようやく名前が出てくるくらいか?

【ヨーロッパ諸国の世界史の教科書では極東の島国はどういう扱いなんや?】の続きを読む

引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1524990910/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/29(日)17:35:12 ID:4Ep
狐潰し(きつねつぶし、ドイツ語: Fuchsprellen)とは、キツネなどの生きた動物を、編んだ縄で空中高く弾き飛ばすスポーツ競技である。
17世紀から18世紀にかけてヨーロッパの一部で盛んに行われた。蔑んでブラッド・スポーツの一種ともみなされる。

競技の概要
狐潰しは、広場をキャンバスで囲って作るか、あるいは城や宮殿の中庭を使った競技場で行われる[1]。2人組で網状か綱状のスリングの一端をそれぞれ持ち、
スリングが地面に横たわるよう6-7.5mの間隔をとって立つ。準備ができたら、キツネなどの生きた動物を檻や罠から競技場に解き放つ。
競技者は、動物がスリングの上に来たところで、勢いよくスリングの端を引く。タイミングが合えば、動物は空高く弾き飛ばされる[2]。

最も高くまで動物を飛ばした者が勝利となる。熟練者であれば、7.5mもの高さまで飛ばすことが可能である。

ときに数組のスリングが並行して待ち受けているため、動物はいくつものチームから激しい攻撃を受けなくてはならないことになる[1]。競技の結果、
弾き飛ばされた動物の多くは死亡する。野島利彰によると、数度にわたって連続して空中にはね上げた後、さっとスリングをずらして動物を地面に叩きつけて殺したという[3]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%E6%BD%B0%E3%97

【バカ白人「日本人はイルカ漁やめろ!かわいそうだ!」←ほならね】の続きを読む

このページのトップヘ